Menu Top ProfileBlog Link
鈴木ウータン正夫 / ドラマー・プロデューサー

1948年福島市に生まれる。3歳~18歳迄茨城県水戸市にて成長。

ジャズ~ラテン~ポップスなどの幅広いジャンルを叩きこなし、一流ミュージシャンより絶大な信頼を得るベテランドラマー。又、ジャズを中心としたプロデュース手腕も高い評価を得ている。

高校生の時よりプロのミュージシャンに混じりキャバレーやクラブで仕事を始め、ドラマー"鈴木ウータン正夫"としてのキャリアをスタートさせる。
卒業後上京し,クラブや米軍キャンプの演奏から始まり、アイ ジョージ&ジャパニーズに参加。
1970年ペドロ&カプリシャス結成に参加し、別れの朝、ジョニーへの伝言、等が大ヒットする。
1976年よりフリーのスタジオミュージシャンとして、多くのニューミュージックアーティストのレコーディングに参加。主な物としてRCサクセション、ミッキー吉野、シーナ&ロケッツ、アリス,松山千春、森山良子、長谷川きよし、松岡直也、等がある。
1989年よりJAZZの活動に専念し、市川秀男トリオ、大野えり&グッドクエッション、故八木正夫&AFFAER,杉本喜代志、植松孝夫氏等のグループに参加。

その後は、自己のグループでの活動と並行して、プロデュサーとしても活動を始める。有望なアーティストのCDも多数制作する他、イベント・フェスティバルのプロデュースも多く手掛ける。代表的なものとしては、"Ocean Blue Jazz Festival"(1997年8月/ひたちなか海浜公園)等がある。
1998年、廣瀬嘉嗣と株式会社J・MINDを設立。 数多くのイベント、コンサートを手がける。
又、東京都新宿区に設立したリハーサルスタジオ"Musical Dog Studio"は、15年に渡り内外の一流アーティストに利用されている。

2003.8.22
東京JAZZ ウェルカムパーティー@京王プラザホテルにて
ハービー・ハンコックと鈴木正夫
Top | Profile | Blog | Link